www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK86_miagerebamidori1226

人財と働き方への想い

一緒に当社の未来を変えて下さい!

世の中には素晴らしい会社が沢山有ります。
そしてそうでもない会社も沢山有るかもしれません…。
あなたはそれら玉石混交の中から、素晴らしいと言うだけでなく、自分に合う会社を選択しようとしている訳です。

 

それでは自分に合うとは会社の施設や設備の事なのでしょうか、それとも担当するであろう役割の事なのでしょうか、はたまた給与などの待遇の事なのでしょうか?
入社する前に見抜けるのは外面の事ばかりで、内面はなかなか知る術が有りません。
だからこそ就職と言うお見合いの説明は “ご縁” と言う言葉抜きに、出来無い様に思っています。

特に若い方の就職活動は、自分の意志よりも周囲からどの様に見られるかを気にしてしまい、就職と言うよりも “就社” 、そして安定ばかりを優先している様に感じています。
(私も当時はそうでしたので、その気持ち、本当にわかります…。)

統計に因れば日本の全従業員数の70%程は中小企業で働いています。
そして会社の数は400万社を超えますが、中小企業の数はその内のほとんどと言える99%以上も占めているのです。

きっと、大きな企業に行った方が、多くの機会があるでしょうし、大きな機会も有るでしょう。
しかしながらそれにはそれ相応の大勢の人間が関わり合い、激しい社内外の競争の中でそれなりの重い柵(しがらみ)が有る事は間違い有りません。
本意では無くとも、社内政治に振り回されてしまう事も有るのではないでしょうか。

また残念ながら世の中では、働けば働くほど幸せから遠ざかっていく様な人が少なくない様に感じています。
仕事だから仕方が無い、お金を稼ぐには仕方が無いと思っているかもしれませんが、果たして本当にそうなのでしょうか?
仕事とはお客様へのお役立ちに励み、お客様から有難うと言う言葉の代わりにお金を貰うと言う幸せ溢れる活動の筈なのに…。

一方で小さな企業では、良かれ悪かれ一人一人が主役になってしまいます。
より高い給料をもらう為には、一人一人がより高いレベルの仕事をしなければならず、当たり前の様に挑戦と成長をしてもらわなければ存続出来ません。
組織としての哲学を日々喧々諤々と鍛え、運命共同体として切磋琢磨せざるをえないのです。

考えてみて下さい。

決して楽ではないかもしれませんが、それが本来の仕事なのではないでしょうか?
人生を豊かにする働き方なのではないでしょうか?

当社ではフクミイズムに共感し、主体的に働きたいあなたを募集しています。

是非、あなたが当社の未来を変えて下さい。 ご縁が有り、一緒に働ける機会を楽しみにしています!