中国からの輸入物流や
OEMビジネスに
不安や不満 が溜まっていませんか?

中国 / 香港 / 台湾 / 韓国などからの
貴社の輸入、物流、調達、OEM開発を
プロの貿易会社に代行させてください!

貴社の 輸入ビジネスに関わる不安不満
3つの貿易サービスがワンストップ解決します!​

sign

輸入代行サービス


自分で輸入を行うには不安がある、
でも費用は最低限に抑えたい方にオススメ!
5万円
  • 輸入ビジネスのご相談  
  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  • 海外〜国内までの物流手配
  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
inspection

輸入検品代行サービス


輸入は商品が只届けば良い訳では無い!
品質トラブルをケアしたい方にオススメ!!
10万円+検品費用
  • 輸入ビジネスのご相談   
  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  • 海外〜国内までの物流手配 
  • 品質基準確認〜国内検品作業
人気サービス
productionline

OEM/ODMサービス


モノ余り市場を勝ち抜く為に、
オリジナル商品を創り込みたい方にオススメ!
都度お見積り
  • 輸入ビジネスのご相談   
  • 海外メーカーとの開発協議 
  • 海外メーカーとの決済   
  • 海外〜国内までの物流手配 
  • 品質基準確認〜国内検品作業

こんな悩みや面倒はありませんか?

輸入ビジネスのニューノーマル
ネット主体のコミュニケーションを
貿易のプロ集団がお手伝いします!

新型コロナウイルスのパンデミックにより、私達のビジネス環境は大きく変わってしまいました..。

今や不特定多数の密を避けるべきと考えると国際展示会はリスクの塊と言えるので、特に海外での国際展示会の視察はなるべく避けた方が無難と言えます。
そうなんです、今や考えなければいけない優先順位はコストよりもリスクとなっているのです!


では、一体どうやって新しい商品を探せば良いのでしょうか?


実はもう国際展示会もインターネットで行われる時代に移り変わってきています。
だからこれからのニューノーマルとして、インターネットを中心とした海外調達に切り替えていきませんか?

リアルではあり得ないほど、インターネットを活用すれば短時間で大量の商品を探し出す事も可能です!
香港やフランクフルトなどで開催される展示会に行くと言う刺激や楽しみは有りませんが、海外と往復する時間とコストは大幅に節約出来る訳です。

現状の悲運を嘆くだけでは何も始まりません。
逆にこのニューノーマルの波を上手く乗りこなし、今まで以上に効率的な海外調達を目指していきませんか?

新型コロナウイルスのパンデミックにより、私達のビジネス環境は大きく変わってしまいました..。

今や不特定多数の密を避けるべきと考えると国際展示会はリスクの塊と言えるので、特に海外での国際展示会の視察はなるべく避けた方が無難と言えます。
そうなんです、今や考えなければいけない優先順位はコストよりもリスクとなっているのです!

では、一体どうやって新しい商品を探せば良いのでしょうか?

実はもう国際展示会もインターネットで行われる時代に移り変わってきています。
だからこれからのニューノーマルとして、インターネットを中心とした海外調達に切り替えていきませんか?

リアルではあり得ないほど、インターネットを活用すれば短時間で大量の商品を探し出す事も可能です!
香港やフランクフルトなどで開催される展示会に行くと言う刺激や楽しみは有りませんが、海外と往復する時間とコストは大幅に節約出来る訳です。

現状の悲運を嘆くだけでは何も始まりません。
逆にこのニューノーマルの波を上手く乗りこなし、今まで以上に効率的な海外調達を目指していきませんか?

まず貴社の欲しい商品を
中国 / 香港 / 台湾 / 韓国
のネットで探してみませんか?

貿易に関してはJETRO(ジェトロ:日本貿易振興機構)に相談してみるのが一つの正攻法かもしれません。 しかし海外調達と言っても、世界には196もの国が存在しています。 どこから何を輸入しようか..なんて感じで相談を始めてしまえば、時間はいくらあっても足りません..。 だからまずは軽い気持ちで、ネット経由で世界のOEM工場と言える中国からの輸入を検討してみませんか? なぜならば中国からの輸入はネット経由でも十分過ぎる選択肢を見つける事が出来、コストとデリバリーの2点において圧倒的なメリットが有るからです。 そして法人仕入れ(BtoB)で中国製商品を探すのであれば ” アリババ (alibaba.com) ” が便利です。

[blogcard url=”https://www.alibaba.com/”]

アリババは今や40を超える商品カテゴリーを扱い、世界中のほとんどの国の人が中国製商品を調達する為に利用していると言う巨大プラットフォームなので使わない手は有りません! アリババでは通常のコンテンツ以外にも定期的にオンライントレードショーを開催しているので要注目です!

また中国製品としてラインナップが被る所は多々ありますがこちらのMade-in-China(made-in-china.com)

[blogcard url=”https://made-in-china.com”]

更に香港からならばこちらのglobal sources(globalsources.com)

[blogcard url=”https://www.globalsources.com”]

台湾からならばこちらのTaiwantrade(jp.taiwantrade.com/)(日本語サイト)

[blogcard url=”https://jp.taiwantrade.com/”]

  韓国からならばこちらのtradeKorea(tradekorea.com)

[blogcard url=”https://www.tradekorea.com/main.do”]

  ..などなど、ネット経由でも十分過ぎる選択肢はみつかります!

商品を決めるまではワクワクだらけ...
でもその後は心配なドキドキばかりに...

僭越ながら、貴社では輸入商売ならではのリスクをどこまで想定出来ていますでしょうか?
..などなど、輸入ビジネスのリスクは幾らでも上げられますが、全て笑えないドキッとする内容ばかりではないでしょうか?

インターネットと言うバーチャル空間で商品を探すまでは出来たとしても、それをきちんとリアルな世界に引きずり出せるかどうかはシリアスな別問題です。
安い物を個人で買っているのであれば万一の場合は諦めれば良いだけかもしれませんが、会社の代表としてビジネスで購入したものがそうであったら間違いなく大問題となってしまいます!

国内での暗黙的了解のようなコミュニケーションは通用せず、そうだろうと言う期待は尽く裏切られてしまうと思わなければなりません。
なぜならば国が違い文化が違えば、双方が当たり前だと言う思いはズレて来るのが当然なのです!

だから輸入ビジネスでは万一のズレを埋める経験を蓄積した、予想して先回りが出来るプロの力が必要とされているのです!

輸入ビジネスならば
フクミに相談すべき7つの理由

 

ご紹介が遅れましたが、私達は東京に本社が在る株式会社フクミと申します。

貴社の輸入商売のお手伝いに、僭越ながら私達フクミを選ぶべき7つの理由を下記にご案内申し上げます。

      ●パナソニックエイジフリー株式会社
      ●TOTOグループ各社
      ●花王プロフェッショナル・サービス株式会社
      ●コクヨ株式会社
      ●プラス株式会社
      ●株式会社サクラクレパス

ザックリ言えば、私達フクミはOEM/ODM向けに自社ワークセンターを持つファブライト貿易会社です。
だから、貴社の負担をワンストップでお引き受けする事が可能なのです!

是非この機会に、貴社の法人仕入れモノ創り輸入部門としてお手伝いさせて下さい!!

貴社の輸入ビジネスを
ワンストップ化させる3つのサービス

1.輸入代行サービス

輸入ビジネスにおけるアウトソースを最低限にしたい方向けのサービスです。
輸入ビジネスのご相談から、全て日本語で国内取引の様に、貿易代行手数料5万円にて簡単に業務を進められる様にご協力致します。

既にメーカーも商品も決まっている、だけど海外送金や輸入手続きなどどう進めたらわからない、もしくはやり方はわかるがリスクがあるのでプロにお願いをしたいと言うお客様にオススメです!

商品の売買に関してはお客様の方で全て行っていただき、輸入業務や国際+国内物流のみの最低限だけをアウトソースしたい方向けのサービスとなります。

  • 発注

    英語発注書作成→発注書送付(メール連絡)→納期確認

  • 決済

    外貨預金or為替予約、海外送金、デポジット支払い

  • 輸入手配

    集荷手配、ブッキング、通関手続き、国内配送

  • 損害保険

    損害保険付保手続き

※発注に必要な情報はお客様にご確認いただきます(インボイスなど)
※商品代金は為替予約が確定した段階でお支払いただきます
※商品到着保証は含まれておりません(万が一商品が届かない場合も返金対応は致しかねます。)
※商品の品質保証は含まれておりません(万が一商品の員数不足や不具合があった場合でも返金致しかねます)
※損害保険は貨物輸送中の事故や意図せず受けた商品ダメージを補填するものです
※損害保険会社規約により保険金支払いが適用された場合は当該費用を返金致します

2.輸入検品代行サービス

輸入ビジネスで心配なのはやはり商品の品質。
日本人同士で品質基準を擦り合わせ、安心の国内検品で不良品を選別した上で、貿易代行手数料10万円+検品手数料にて良品のみをご指定の場所までお届け致します。

輸入した商品の品質を確認して、安心してから次の手配を進めたいお客様にオススメです!

輸入代行サービスに国内での検品サービスが追加されたサービスとなります。
輸入商品の品質確認の為、当社ワークセンターでの検品作業にて良品と不良品を選別してお届けします。

また必要があれば、検品の際にパッケージ入れ替え、販促物の挿入など、二次作業があれば併せてお引き受け致します。

  • 発注

    英語発注書作成→発注書送付(メール連絡)→納期確認

  • 決済

    外貨預金or為替予約、海外送金、デポジット支払い

  • 輸入手配

    集荷手配、ブッキング、通関手続き、国内配送

  • 損害保険

    損害保険付保手続き

  • 国内検査準備

    検査手順書作成

  • 国内検査

    不良品の選別

※輸入代行の備考は輸入代行サービスをご参照ください
※国内検査手順書に必要な情報はお客様に対応いただきます(商品画像、図面、サンプル、品質基準の取り決めなど)
※商品の品質を保証・補填するサービスではございません

3.OEM/ODMサービス

輸入ビジネスで心配なのはやはり商品の品質。
日本人同士で品質基準を擦り合わせ、安心の国内検品で不良品を選別した上で、良品のみをご指定の場所までお届け致します。

他社には無い、貴社だけのオリジナル商品を創りたいと言うお客様にオススメです!

私達がファブライトとして動き、開発、製造、調達に関わる全てのリスクを解消し、海外製品を国内取り引きと同じレベルまで完全に引き下げて提供するサービスとなります。

商品の新規性、高信頼性、品質向上、コストダウンなどを目指していきます。
  • 事前相談

    打合せ議事録提出

  • メーカー選定

    メーカー選定比較表提出(目安:10社ほど)

  • 契約内容擦り合わせ

    納入仕様、品質基準、配送条件などに基づく価格の決定

  • 発注

    英語発注書作成→発注書送付(メール連絡)→納期確認

  • 企画見積提案

    企画書並びに見積書提出

  • 決済

    外貨預金or為替予約、海外送金、デポジット支払い

  • 輸入手配

    集荷手配、ブッキング、通関手続き、国内配送

  • 損害保険

    損害保険付保手続き

  • 国内検査準備

    検査手順書作成

  • 国内検査

    不良品の選別

※自由に組み合わせられるオプション

上記に記載が無いオプションの価格は、商品の種類や性質、数量、品質基準などで決定されるのでお気軽にお問い合わせ下さい。

※その他お客様のご要望にカスタマイズしたサービスも喜んでご相談に応じさせていただきます

※国内検品費用例
樹脂容器の外観検査 目安:片手で持てるサイズ・重量(2-3Kg) 10,000個 ¥20/個
電気製品の機能並びに外観検査 目安:両手で持てるサイズ・重量(4-6Kg) 1,000個 ¥150/個

輸入サービスを利用されたお客様の声

法人様相手のBtoBビジネスなので守秘義務の関係でなかなか事例紹介が難しいところですが、少しでもイメージをお伝えできたらと思い40年以上の数多くの実績からほんの数例をコチラでは紹介させていただきます。

よくある質問 〜FAQ〜

はい、喜んで日本全国のお客様に対応させていただきます!


打ち合わせはEメール、電話、ビデオ会議にて行わさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

お悩みにならずに、兎に角お気軽にご連絡下さい!

 

その際に現時点までに決まっている事、どの様にしたいかなどを出来るだけで結構ですのでまとめてお伝えいただければご相談に応じさせていただきます。

即答できるレベルで、サービス利用に繋がるご相談に関しては無料でお引き受けしております。


私共の最大のコストが人件費=時間と言う事をご理解いただければ幸いです。

交渉だけと言うのはトラブルのもととなるので致しかねます。


例えば交渉の末にその場ではOKとなったとしても、結果的にその通りにならない場合も想定され、その際にやはり責任を取って欲しいと言う様なトラブルが発生してしまうからです。
その為当社では交渉と責任は必ず一対とし、OEM/ODMサービスのみで承っております。

責任は負えませんが、伝言と言うレベルであればご協力は致します。

アリババでも、Made-in-Chinaでも、Global Sourcesでも、Taiwantradeでも、tradeKoreaでも、基本的にはネット経由でのBtoB輸入ビジネスの全てに対応致します!


プロの貿易会社が貴社に代わり輸入ビジネスの全体最適化を試みますので、どうかお気軽にご相談下さい。

1688.comtaobao.comは中国国内向けのBtoCマッチングサイトなので対応しておりません。

詳細情報の確認が困難と言うだけでなく、海外向けには決済手段などが確立されていないので様々なトラブルが想定されてしまう為です。

まとまった数量であれば、OEM/ODMサービスをオススメ致しますので、どうかお気軽にご相談ください。

可能な場合が多いかもしれませんが、オススメしておりません。

 

ほとんどの海外メーカーは輸出に対してMOQ(Minimum Order Quantity:最低発注数量)を設けているので、それに満たない場合は購入すら出来ません。
次にMOQを超えた数量だとしても、特に単価が低い場合は、数量が十分以上でないと輸入費用がとても割高になってしまいます。
それらをきちんと理解して輸入しないと、幾らFOB単価が安かったとしても、日本に入った時にはFOB単価の何倍もの原単価となってしまうのです。

輸入ビジネスの魅力は商品仕入れ金額の安価さだと思いますが、輸入ビジネスでは輸入経費を適正に按分する為に十分な輸入数量が絶対条件になると言う点に注意して下さい!

単純な輸入であればどの様な第三者も介在する付加価値は乏しいので、ご自身で行うのが唯一のリーズナブルな方法だと思われます。


当社では所要時間からなる人件費を中心としたコスト、またリスクを考慮してリーズナブルな価格付けを心掛けておりますので、お任せいただければ必ずご納得いただけると自負しております。


尚、サービス名称と価格のみで他社様と比較するのは無意味なので、サービス内容やその適用範囲、また付帯する諸条件の違いを御理解の上で比較する様にご注意下さい。

大変恐れ入りますが、ビジネスを確定させてからの見積依頼となる様にご協力をお願いします。

お客様からしたらビジネスを決める為に、輸入実費を知りたいのに本末転倒だ!…と思われるその気持ち、とても良くわかります。

しかしながら特に国際物流業界では、様々な理由があり仕方が無い面も多いのですが、結果として見積をする手間をとても嫌がるのです…。
だからどうにかお願いをしたとしても、見積依頼ばかりが続いてしまえば、私共ほどの取扱量があっても以降のお願いが難しくなってしまうのです…。(勿論、確定したビジネスは受けてもらえますが。)

だからビジネスを確定してからの見積依頼としていただくか、若しくは即答が出来る概算での回答となる旨のご理解とご協力を宜しくお願い致します。

現場での物流円滑化に伴い下記の様々なコストが変動する為、事前に確定した輸入費用の御見積は出来ない事をご理解下さい。

●タイミングによって船運賃や航空運賃のタリフやサーチャージ(追加料金)が変動する為
●特にLCLの場合、重量や容積の測定結果が異なる場合が有り得る為
●現場で追加作業が発生してしまう可能性も有り得る為
●関税率が決定されていない為(想定していない品目に分類されてしまう場合が有り得る)
●検査費用などが発生する可能性も有り得る為
 

その為、通常の御見積はあくまでも可能性の高いパターンでの概算見積となり、実費が確定次第にその金額を精算すると言うのが通例となっております。

あまり細かく指定してしまいますと、現場で貨物が止まってしまう危険性、また貨物を引き受けてもらえない可能性にご注意下さい。

必ず掛かるのが輸入消費税、更に大抵の場合は関税も、そして商品の分類によって掛かる税金、例えば酒類の場合は酒税などが掛かります。

    • 関税=課税価格(CIF価格+加算要素)x関税率
      ※関税の関税率については下のFAQをご参照下さい。
    • 消費税=(課税価格+関税)x消費税率

 

  • 酒税=発泡性酒類や醸造酒類などの分類から細分化され、キロリットル当たり何円
    ※詳しくは税関のこちらのページなどをご参照下さい


因みに消費税は預かり消費税と支払い消費税の差により還付が受けられますので、通常はコスト計算に含めなくても良いと考えられます。

どの商品がどの様に分類されているかは、税関のページの実行関税率表にてご確認下さい。


関税率は関税定率法などに基づき分類された品目毎に定められ、更に原産国に応じて基本税率、暫定税率、特恵税率、WTO税率、EPA税率が定められその中から最も低い税率が適用されます。(但し特恵税率の使用には原産地規則を満たす必要があります。)


また適用される関税率の判断が難しい場合は、税関の事前教示制度の利用が考えられます。
税関から公布された事前教示回答書を添付すれば、輸入審査の際に尊重されと言う事です。(←これでさえも絶対では無いと言う事ですね…。)

HSコードとは商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)に関する国際条約に基づいて定められたコード番号で、輸出入の際に商品を分類する番号です。

この番号から関税率、原産地規則などを調べる事が出来、輸出統計品目表を見るとHSコードが◯◯になるので関税率が△△%になると言う様に使われます。
どの商品がどの様に分類され関税率が幾らなのかは、税関のページの実行関税率表にてご確認下さい。 因みにHSコードは輸出入統計品目番号、関税番号、税番などとも呼ばれたりします。

低い手数料でサービス提供を成り立たせる為にはリスク回避が必須となる為、立て替え払いはしておりません。


オプションとなりますが、立て替え払いが出来るサービスは検討しております。

OEM/ODMサービスの場合、不良品が発生した場合は良品再納入や返金対応など全て当社で保証させていただきます。
但し不良品との判断は、当社とお客様の双方で事前に取り決めた品質基準によるものと致します。


それ以外の代行サービスの場合は、お客様自身で海外メーカーと交渉していただく事になるとご了承下さい。

代行サービスの場合は、私共の方で納期遅延に対して一切補償をしておりません。

お客様の方で交渉された海外メーカーとのあくまでも業務代となりますので、対応範囲は海外メーカー次第となります事をご理解下さい。

様々な保証が必要な場合はOEM/ODMサービスのご利用をご検討下さい。

OEMとはOriginal Equipment Manufacturing、ODMとはOriginal Design Manufacturingの略となります。


OEMとはお客様のブランドで販売する製品を、お客様自身が設計はしますが、製造はメーカーにしてもらうと言うビジネスモデルです。
それに対して設計までメーカーにお願いしたり、共同で行うのがODMとなります。

しかしながらメーカーにある既製品にお客様のブランドのラベルを貼るだけでもOEM製品と呼ばれたりもするので、業界によってその使われ方は異なるかもしれません。

弊社は日本以外に拠点は御座いません。

確かにそれぞれの国に拠点があるメリットは多数存在しますが、忘れてはならないのがその分の固定費が発生し続けると言うデメリットです。
ビジネスですからそれらのコストは、勿論、サービス価格に反映させなければならなくなります。

弊社では主要国の現地パートナーと連携をする事により、利便性とコストの最適のバランスを心掛け、お客様にとってリーズナブルな価格を目指しております。

通関業者は国から許可を受け、自社業務として依頼を受けた通関を行う専門業者で、フォワーダーは船会社や航空会社などのキャリアと連携して、国際物流の輸送業務を仲介する専門業者となります。
一方で代行業者はサードパーティーで、複数の専門業者と連携し、お客様の国際ビジネスをワンストップでお手伝いする業者となります。


当社は海外メーカー、船会社や航空会社、通関業者、国内配送業者などと連携したサードパーティーであり、、また当社の倉庫やワークセンターを活用した流通加工を承って いるファブライトでもあります。

唯一の明確な定義は存在しないと思いますが、当社では商社と代行業者の違いは下記と考えています。


 ◎商社・・・商品などの成果物を保証した請負契約
 ◎代行・・・善管注意義務の上で業務を遂行する委任契約


つまり商社業務はお高くなりますが様々な保険が含まれ、代行業務はお安くなりますがトラブルの際にはお客様の方で対処が必要となってくると言うのが違いとなります。
だから通常のビジネスであればトラブルが想定されるので商社業務の方がリーズナブルになり、結果的に何もトラブルが無ければ代行業務の方がリーズナブルになるでしょう。
但し、商社業務がリーズナブルになるのは適切な商社と適切なパートナーシップが組めればと言うのが前提条件になると考えられます。

因みに当社のサービスではOEM/ODMサービスが商社業務に相応し、それ以外は代行業務となりますのでご注意下さい。

お問い合わせはコチラから

貴社の輸入ビジネスのご相談お待ちしています!

 ご相談は無料です! 

※当ページはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。
※当ページの通信は全てSSLで暗号化され、SecureCore社によって安全が認証されていますので安心してお問い合わせ下さい。
※下のサイトシールをクリックすると、当ウェブサイトの認証状況がご確認いただけます。

      必須 ◆貴社名
      必須 ◆所属部署 経営購買・調達開発・QC販売・営業貿易・物流個人事業主
      必須 ◆お名前
      必須 ◆メールアドレス
      必須 ◆お電話番号
      必須 ◆ご希望の連絡方法 電話メール15分程度のウェブミーティング
      必須 ◆ご希望のサービス 輸入代行サービス(5万円)輸入検品サービス(10万円+検品費用)OEM/ODMサービス(都度お見積り)未だ決められない
            ◆オプション
      必須 ◆現在のご状況
          ◆検討中商品の参考URL
      必須 ◆ご相談内容
      必須スパム防止 captcha 


    ※お問い合わせが正常に完了した場合、確認メールが送信されていますのでご確認下さい。

    ※お仕事のご相談に関しては2営業日以内に必ず折り返しご連絡致します!
    ※お急ぎの方はお手数ですが03-5687-2890までお電話下さい。

    会社概要

    会社名 株式会社フクミ
    住所 東京都千代田区岩本町2-4-10
    電話番号 03−5687−2890(代表)
    創業 1962年(昭和37年)
    資本金 8千万円
    主要販売先 パナソニックエイジフリー株式会社
    信越化学株式会社
    ミネベアミツミ株式会社
    TOTOグループ
    サンワサプライ株式会社
    東芝グループ
    日本製鐵グループ
    花王プロフェッショナル・サービス株式会社
    主要金融機関 りそな銀行
    みずほ銀行
    Introduction

    担当マネージャーから

    あなたへのメッセージ



    お忙しい中、ページをここまでお読みいただきましてありがとうございました!

    私たちは超大手商社ではございませんので、弊社との取引に少々なりでも不安を感じる方がいらっしゃるかもしれません。

    私たちとしましても、いきなりお客様とのビジネスを開始したいという意向ではなく、まずはお客様の不安・悩みの解消と信頼関係の構築が先だと考えており、その上で弊社を使っていただくことが貴社にとってのお役立ちになればと考えております。

    創業から60年間を超えて、お客様を支えてきた歴史と信頼をご提供させてください。 だからまずはお試しという意味合いで結構ですので、お気軽にお問合せをいただけますと幸いです。

    担当マネージャー 有賀

    悩むくらいであれば、
    兎に角ご相談下さい!

    海外調達こそ、プロの貿易会社にお任せを!
    お気軽に!