株式会社フクミ

バリューチェーンの非不未無を解消するBPOパートナー

戦略的BPOとは?

なぜBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)が注目されているのか?

out

自社の業務の一部(プロセス)をアウトソーシングする事をBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と呼びます。
勿論、BPOすべきなのは自社を伸ばすべく戦略的に選択したコア業務では無く、取捨したノンコア業務であるべきです。
自社のノンコアの業務をアウトソーシングするとは、一方ではそれをコア業務とするスペシャリストにインソーシングさせると言う事です。
水平分業されたコア業務同士で垂直統合されれば、相互補完のみならず、相乗効果を発揮する独自のエコシステムを築く事となっていきます。

若しかしたらBPOせずに、後々のコア業務とすべく自社で時間を掛けて培っていくのも選択肢の一つでしょう。
しかしながら端的に言えば、BPOとは最も儚いリソースである時間を買う事と割り切るべきなのだと考えます。

time

いずれにせよ戦略的なBPOとなれば、厳しい競争環境下で生き残る為の下記の3つの効果が期待されるのです。

       経営資源のコア業務への集中
       業務の効率化、機能強化、継続性確保
       事業展開早期化や総額コストの削減

BPOサービスのメリットとデメリット

BPOサービス活用のメリット

メリット1スペシャリストのリソース網の活用
スペシャリストにBPOすれば、その会社の有形リソースである施設や設備、そして無形リソースであるノウハウやスキルを活用する事が可能となります。
またその会社のパートナーも間接的に活用出来るので、自社だけで行っていたのとはまるっきり異なる世界観が得られる様になっていきます。

メリット2人事部門的な負担からの解放
必要な時に必要な人を集められたら最高ですが、タイムリーな採用活動こそ難しいですよね?
また採用した後には立ち上がりの研修、そしてその後にはステップアップの為の研修も不可欠です。
そしてそれらの労務管理や、行く行くは退職の心配までしなければなりません。
上手くBPOすれば、これらの負担や悩みから全て解放されるはずです!

メリット3固定費の変動費化
固定費は投資となるので、チャレンジしたい事に対して大きな足枷となってしまいます。
施設や設備に治具に工具…モノづくりには様々な固定費が登場しますが、その中でもインパクトが大きいのはやはり人件費です。
いずれにせよアウトソーシングとは内部の固定費を外部を通して変動費化させる事なので、やりたい事のスタートダッシュが可能となります。

メリット3コストの明確化
BPOによる意外なメリットは、コストが明確化される事です。
コストは売上などに比例する変動費と固定費の2つに分けられますが、社内での固定費をどの様に按分するか次第で、見掛けの利益は幾らでも変わってしまいます。
外部との売買を通せば嫌でも利益構造などが明確になるので、改善の為のPDCAが廻せる様になっていきます。

メリット5その他色々
BPOを試みる際に該当の業務を整理する事で、属人化からの解放やコンプライアンスの適合などを考える大きな切っ掛けとなるかもしれません。
また適切なアウトソーシングが出来れば、リソースダウンによるコストダウンも期待出来るはずですし、繁閑さを気にしたリソースコントロールも不要になります。
更にノンコア業務が切り離される事で雑念が取り除かれ、解放されたリソースでコア業務に集中出来るのが最大のメリットだと考えられます。

BPOサービス活用のデメリット

デメリット1コストの外部流出
少なからずのコストが外部流出するのは身を切られる思いでしょう。
また社内雇用の創出と言う面では大きなデメリットと考えられます。

デメリット2一定量を超えると固定費の方が有利
固定費は最初こそ足枷と言うデメリットですが、或る一定の閾値を超えると大きなメリットに変化します。
しかしながらある程度の量が見込めるのは寧ろコア業務とすべきで、元々BPOすべきでは無いのかもしれません。

デメリット3ノウハウが蓄積され辛い
BPOのパートナーシップ次第ですが、情報共有が十分にされなければノウハウが蓄積され辛いと言う環境も想定されます。
(くれぐれもパートナー選びはご慎重に!)

戦略的BPOとする為の2つの注意点

委託と請負での責任の違いに注意!

アウトソーシングも契約が委託なのか請負なのかで大きく異なります。
その大きな違いは委託=行動責任なのか請負=結果責任と言う事です。
この違いを理解せずに契約をしてしまうのはあまりにも危険なので注意しなければなりません。

人件費に対する誤算にも注意!

よくある人件費に関わるコスト試算の間違いは、直接的に支払われる給与などだけで考えてしまう事です。
人材と言うリソースを確保し続ける為には、維持に対してもコストが発生すると言う事を忘れてはいけません。
新規の人材確保は相場の様に不安定で、更にその定着や育成にも不安定さが否めません。
だから人件費は直接的に支払われる給与や賞与や退職金のみならず、間接的に支払われる諸々も含めて考えなければならないのです。
  
  人件費 = 給与 + 賞与 + 退職金 + 通勤費 + 法定福利費 + 福利厚生費 + 採用費 + 研修費 + 管理費…など

各社それぞれ違いは有るかと思いますが、直接的に支払われる人件費だけではザックリと実際のコストの半分にもならないのでは無いでしょうか。

これらの違いも踏まえ、ビジネスの全体最適化をさせるのが戦略的BPOと言えるのです。

strategy